スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカン・スナイパー

戦争はまちがいなく人を変える。 

監督 クリント・イーストウッド
脚本 ジェイソン・ホール
原作 クリス・カイル『ネイビー・シールズ最強の狙撃手』(原書房)
製作 クリント・イーストウッド
   ブラッドリー・クーパー
第87回アカデミー賞の作品賞
主演男優賞他計6部門にノミネート

キャスト:ブラッドリー・クーパー
      シエナ・ミラー

主演にブラッドリー・クーパーをむかえ、実話をもとに実在したスナイパーの経験と半生を描いた作品。
クリント・イーストウッド監督は「彼(クリス・カイル)は運命につかまったんだ。」(Fate took him)と言っていたそうです。
Fateは運命ですが、デスティニー(Destiny)とは違い、とてもネガティブな意味です。

今の時代の戦争という悲劇を通して、様々な愛を描いた、実話をもとに作られた映画です。
神の名のもとにある愛も、利己的な愛も・・・

厳しい父親に育てられ狩猟を教わった少年期
ロデオ明け暮れていた青年期

ちょっと小粋な出会いから、幸せな結婚生活はスタートしました。
American-Sniper_612x380_1s.jpg
そして、あの衝撃的なアメリカ同時多発テロを目の当たりにし、後にイラク戦争で狙撃兵として類まれな才能を開花させました。

主演のブラッドリー・クーパーさんは実はこんなに・・・135894.jpg
ほっそりとした俳優さん。

自らも制作側に入り食事制限とトレーニングで体を作ったそうですよ。
40ポンドと公表されていますが・・・17kgくらい? (私はそれくらい減らさなきゃいけない)
すんごいね!
images_201510162244097b4.jpg

シールズでは95%の離婚率だと言われている中で、深い愛を持って葛藤しながらも生き抜いた夫婦でした。

americansniper_02.jpg

ですが、国よりも家族を優先したい妻と、長い兵役の中で、家族よりも国を優先するのがあたりまえになっていく夫。
戦闘に打ち勝ち生き残るたびに、死をも受け入れるようになる事は、「そういうものだろう」という理解と共に、深い恐怖感を感じます。

軍の発表では160人 カイル自身の計算では255人
米軍史上最多の狙撃数・・・・
1116937_1200.jpg

奥さんは、かれが帰国するたびに「カイルは変わっていた」と感じたのです。

だってね、日本じゃ考えられないもの!
  平和ボケって私のような、こういう感覚を言うのね・・・・
日本も考えられないような事件は置きますが、戦争とは違います。
人としての愛があるのに、国のため友人のために人に、子どもに標識をあてるなんて、正常な神経が切れていくのは当然なこと。

それでも、理解しあって暮らす二人だったのです。描き切れないほどの葛藤や努力があったんでしょうね。

クリス・カイルさんは帰国後に半生を書き上げた自伝を出版し、PTSDに悩む帰還兵のためのNPO団体を設立。

社会復帰に向けた支援活動に取り組んでいました。
自伝を出版して約1年後に、彼が支援していたPTSDに悩む帰還兵エディー・レイ・ルースに射殺されました。
射撃の練習をしていたそうです。
(服役中のエディー・レイ・ルース被告(27)には仮釈放なしの終身刑が言い渡たされました。)

ジョンレノンは「自分がジョンレノンだ」と信じた男に殺されました。その事を思い出しました・・・


エンドロールで一切の音楽が流れません。
普通、どんな映画でも最後のエンドロールの曲や歌声で、徐々に現実に戻るものです。

葬儀に立ち会うかのような沿道で手を振る人たちの映像と共に、現実に起こった事を強調し、ある人は祈りの時を与えられたようだと表現しています。 黙とうですね。
私も、ため息とともに目を閉じましたもの。

実際の映像

211flagsthreemo.jpg

chris_kyle_procession.jpg

maxresdefault_20151017123550636.jpg


243963FA00000578-0-image-a-17_1419265299286.jpg

自伝では、イラク派兵から帰還したら1週間は自宅で引き篭もらないと通常生活に戻れないことや、4回の派兵で欝状態になったことなどが書かれてるようですが、映画版では、4回の派兵で精神が壊れていく過程を強調して描いていて、PTSDをメインとして取り上げた作品です。
自伝とは違う部分もあるそうですが、イラクへ戦争がどれほど無益で、当時の大統領の判断がいかに軽薄だったかも語っている気がします。

戦争はあってはいけないのです。
(今の、憲法云々を言っているのではありませんよ)

もう一度書いておきます。
この映画は、様々な愛を描いた映画です。
神の名のもとにある愛も、利己的な愛も・・・


レビューを読むとたまに書かれていますが、私も一つ、書いておきたいことがあります。
カイルが生まれてきた長男を抱き上げてあやすシーンですが、完全に人形だとわかる。
予定していた赤ちゃんが発熱で代役も来なかったからと言われていますが、クリントさん、気が短い・・・
newswalkerpluscomarticle53125290546_615jpg.jpg





              blog_import_55b2fca05282f.jpg


    やぁ! パパと一緒で うれしいね!

スポンサーサイト

セント・オブ・ウーマン


友人が最近「あのフェラーリのシーンが忘れられない」と話したのですが、私は覚えていない。
これは20年くらい前に、DVDで観たんだけれど、
アルパチーノが連発する
foobar!(フーバー) (これずっとフーアーだと思っていました。あてはまる単語はWho are! で全然意味が判らず)その叫ぶ声だけが耳に残っていました。
気になって、もう一回観たという訳・・・
~今日のは長いよ~

原題:Scent of a Woman
監督 マーティン・ブレスト
キャスト:アル・パチーノ
      クリス・オドネル
      フィリップ・シーモア・ホフマン
1992年 アメリカの映画

第65回アカデミー賞 主演男優賞受賞


Wikipediaによると、色々説があるようで、その中に一つ
FUBAR説
第二次世界大戦時代に陸軍で”どうしようもなくめちゃくちゃ”を意味するスラングとして用いられていたFUBAR (Fucked Up Beyond All Recognition) という言葉からfoobarへと変化したという説。

他の映画でも聞き覚えがありますが、軍隊でここぞという時にフーバーと叫ぶらしい。

images (5)


さて、フランク・スレード中佐(アル・パチーノ)
実に厄介なおっさんです。頑固でへそ曲がりで、自分勝手。
偉そうに上から目線でものをいう。

そんなおっさんの世話をするというアルバイトに就いてしまったのがチャーリー君( クリス・オドネル)

images (6)


会って早々に、「ニューヨークへ行くから同行しろ」と言われます。

ま、それがですね、飛行機、ホテル、リムジン・・・と超豪華なんですね。
この時のために貯めてたのか?
(観ていてわかりますが中佐には行く目的がありました)

いきなり親戚を訪ねて、そこでなぜ目が見えなくなったかを聞かされるチャーリー
どんだけ、嫌われてるかも知ります。
そして、この中佐は目が見えない代わりに香りに対する感覚が鋭かったり、人の動きがセンサーがあるようにわかってしまうという事をだんだんと知るのです。

食事も豪華!
高級レストランで、ナンパした女性(ガブリエル・アンウォー)と”ポル・ウナ・カベサ”にのってタンゴを踊ります。
このシーンが有名で、これが見事なんですよ!

セント・オブ・ウーマン4

maxresdefault_20150817225428494.jpg
手フェチの私は、このシーンのアル・パチーノの指を見てしまいました!

さて、実は・・・
img_1_20150817223732bdb.jpg

SCENT_JA-32.jpg

実はチャーリーは学校である問題を抱えていて、それは進退問題にかかわることなんです。
友人のいたずらを見てしまって、学校で懲戒委員会にかけられるのです。
友達を守るか、奨学金か・・・

そんな心配事を持ちながら、

次の日の朝 いや昼頃・・・遊ぶだけ遊んで、疲れて起きてこない中佐
精神的に落ち込んでるようです。
元気づけようとチャーリーが外に連れ出します。

そのシーンにフェラーリが登場するのでした。
870ad8d226aaef85ed20.jpg

自分で運転すると言って、目が見えないのに猛スピードで、直線から左に曲がるんですよ!
この時からちょっとヘン

contents1408_31.jpg

その後、チャーリーはこの旅の本当の目的を知ってしまいます。
ピストルを持ち、暗闇の中でどんな未来があるんだと叫ぶ中佐・・・

チャーリーは必死にその思いを覆そうとします。

何時しか二人には年齢を超えて、信頼感も生まれ、片道切符しか持たなかった中佐はチャーリーとリムジンでボストンまで戻ってきます。



そして、感動的な結末が来るのですよ。
学校の懲戒委員会のために臨時招集がありました。
いたずらをした犯人を言えば大学進学への奨学金が与えられる。
犯人を言わなければ退学。
自分の将来を取るか友達を売るかという、厳しい二者択一に迫られるのです。

いたずらを一緒に目撃したジョージ・ウィリス・Jr(フィリップシーモア)には父親が同席しています。
チャーリーには・・・お~~っと、中佐がやってきました!
img_0.jpg


友達を売ったジョージ・ウィリス・Jrには処分なし、そして友達を売らなかったチャーリーには退学処分が下るのです。

中佐が黙っておりません。
ここからの中佐の演説がすごい!私はここしか覚えていなかった・・・

img_0_20150817230827a13.jpg

とあるブログからのコピペ
「このクソ裁判は一体何だ!」

「告げ口をして自分の身を守れ。でないと火あぶりだぞ。ケツに火がつくとある者は逃げだし、ある者は踏み留まる。彼は踏み留まり、ジョージは親父の懐に隠れた。なのに君らはジョージを褒め、チャーリーを罰するのか!」

「私の隣の若者だけが汚れのない魂を持ち続けている。ここにいる誰かは彼を買収しようと甘い話を持ちかけてきた。だが、彼は売らなかった。」

<省略>
「バリーにジミーにトレント、聞いているか!?貴様らにも言う!くたばれ!」

「根が腐ってて何が育つのか。この学校の根は腐ってる。」

「私にはチャーリーの沈黙の正誤は判断できない。だが彼は決して自分の得の為に友達を売る人間ではない!」


「それが人間のもつ高潔さだ。それが勇気だ!指導者が持つべき資質はそれだ。」

「私も何度か人生の岐路に立った。どっちの道が正しい道か判断できた。だが、その道を行かなかった。困難な道だからだ。」

「チャーリーも岐路に直面した。そして彼は正しい道を選んだ。真の人間を形成する信念の道だ。」

「彼の旅を続けさせてやろう。彼の未来は君ら委員の手中にある。価値ある未来だ。保証する。潰さずに守ってやってくれ。愛情を持って。いつかそれを誇れる日が来る。」

これを聞いた懲戒委員会のメンバー先生方は別室へなんぞ行かずとも、檀上でもう決まり!
チャーリーは無罪と言われ、フランクが「フーバー!(FUBAR)」と叫び、そして会場にいた学生たちがスタンディングオベーション
拍手と喝采の渦
その中をチャーリーとフランク中佐は退場していきます。


その後のシーンも素敵
フランクの言葉に魅かれた女性が、とまどいながら彼を見つめるシーン


ddab8cf5cffe0b6ff96134de7464ee3b.jpg

あの厄介なおっさんが、初めて会った女性がこういう風に笑顔見せるような事を言うのですよ。
香りでスグあなたを見つけられる
なぁんてこというんだもの・・・

この時点で「おっさん」返上!

           人が心を変える話は感動します。



  









ふしぎな岬の物語

実際にこんなカフェがあるって事にびっくり
fushiginamisaki_sub7_300.jpg

吉永小百合はそれほど好きじゃなくて、実のところ笑福亭鶴瓶が観たくてDVDを借りました。

監督・企画:成島出
企画:吉永小百合
原作:森沢明夫
2014年 日本の映画

出演:吉永小百合、阿部寛、竹内結子、笑福亭鶴瓶、笹野高史、小池栄子、春風亭昇太、井浦新、吉幾三、片岡亀蔵、中原丈雄、石橋蓮司、米倉斉加年、近藤公園、矢野聖人、矢柴俊博、不破万作、モロ師岡、嶋田久作

ブラザーズ5:杉田二郎、堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山巌、因幡晃
劇中に登場する、地元のグループという設定の5人 懐かしい顔

E381B5E38197E3818EEFBC94.jpg



「実力派男性シンガー・ソングライター5人からなる話題のスーパー・ユニット」と書かれていましたが・・・まぁいいけど。
彼らが登場するシーンは2回
高石ともやとか北山修とか・・・何しているんだろ。。と考えながら観ていました。


さて、鶴瓶さん。
関西ひいきでしょうか、いいですね~

fushiginamisaki_sub1_300.jpg

cast04.jpg


物語
毎朝、亡くなった夫が決まった場所で絵を描いている姿が見え、いつもともにいると実感して暮らしていた悦子さん。
ある日、その事を察知した見知らぬ女の子がお父さんと訪れる。

果ては遺した絵を手放すようにという言葉に従って絵をあげてしまうと、気が付けば30年寄り添ってくれた友人、珈琲好きの友人と、それぞれの事情で自分のもとを去り、おまけに火事でよりどころだったカフェが全焼して、全てをなくしてしまった喪失感いっぱいの主人公。

ここからこの話の本筋が吐露されるわけです。



長回しで収録されたシーンは見入ってしまいますね。
t02200157_0318022713133867744.jpg


この清らかな人間性の主人公だから、人々はわずかな力だとしても持ち寄ってカフェを再建さ、主人公はまた前に進もうとするわけです。

阿部寛さんのぬぐえない「テルマエ・ロマエ」のコメディー感・・・
楽しかったです。

とあるブログからお借りしました、新聞記事
ab80f65f.jpg
22cba2ce.jpg


そして、この映画は米倉斉加年さんの遺作になりました。

119813.jpg


岬

幸せ感満載!




FURY フューリー

戦争映画はきらいです。
ブラッドピッドが出ているから観ました。
 
  観終わって、観てよかったと思いました。

原題:Fury
キャスト:
ブラッド・ピット
シャイア・ラブーフ
ローガン・ラーマン
マイケル・ペーニャ
ジョン・バーンサル
ジェイソン・アイザックス
スコット・イーストウッド

2014年 アメリカの作品


(若干、ネットからの引用)
主演のブラッド・ピットが脚本に惚れ込み、製作総指揮もつとめている作品。
監督は、元軍人という異色の経歴を持つデヴィッド・エアー。
1945年当時の米・シャーマン戦車に加え、走行可能なドイツのティーガー戦車による撮影が、映画史上初めて実現したのだそうです。

現存する第2次大戦当時のティガー戦車は6台のみ。
メイキング映像では、徹底したリアリティを追求するデヴィッド・エアー監督と製作陣の熱意によって、映画史上初めて実走するティガー戦車を撮影するという歴史的な瞬間がとらえられているそうです。
戦車ファンにはたまらないものだったでしょうね。
furyangled.jpg

私にとっては、どうでもいいことで・・・
ま、米軍の戦車から攻撃を受けても、びくともしない物凄い戦車があったんだという事に驚いたくらいでストーリーの一部でした。

fury_making.jpg


砲手のボイド「バイブル」スワン(シャイア・ラブーフ)
装填手のグレイディ「クーンアス」トラヴィス(ジョン・バーンサル)
操縦手のトリニ「ゴルド」ガルシア( マイケル・ペーニャ)
副操縦手は戦闘で死亡したので、
補充として新兵でタイピストを務めていたノーマン・エリソン( ローガン・ラーマン)が配属。

ノーマンは戦車の中を見たことも無く、ましてや戦闘に参加したことも無かったのです。
いきなり、死亡した副操縦士の後始末をさせられます。
ここからノーマンの、凄まじい受け入れなければならない現実の始まり・・・

さて、戦争となると勝たなきゃならないんですよ。
勝つためにはふさわしい精神力が必要です
上に立つ人は、勝つために部下の士気を高め、性格や好みを理解し、コントロールしなくちゃならない。

さすがのドン「ウォーダディー」コリアー(ブラピ)も、ノーマンに対して今から想像される、超えなきゃならない「もの」を思い、頭を垂れて心を痛めてしまいます。

戦争の現実を「教育」するためにノーマンに捕虜のドイツ兵を射殺するよう強要するシーン
Brad-Pitt-and-Logan-Lerman-in-Fury-2014.jpg

また、ヒトラーユーゲント 若い少年のドイツの兵士をまだ子供だからとノーマンは狙撃を躊躇したばっかりに、仲間がやられてしまいます。

小さな町の制圧
そうそう!ノーマン君 ピアノが弾けるのね!
20141205184332a37.jpg

それで、ここにちょっとロマンがあったのですが・・・

Fury_14122043414146Emma Norman Logan Lehrman

無残に引き裂かれ打ちのめされますね~
これを通じて、ノーマンとウォーダディーの絆は深まっていきます。

ドイツ軍はある十字路を通過して攻撃してくる可能性が高いと推測され、ウォーダディーの率いる戦車小隊はその十字路の保持を命じられる。


images (2)

ここで想定外の事が起きてしまいます。
images (3)

仲間は全員、これ以上戦うのは無理だと言いますね。
私もそう思いましたもん

みんな「逃げよう」といいました。
私もそう思いましたもん

そしたら、ダディーはなんて言ったと思います。
「ここが俺の家だ」

その意味が全員に通じたんですよ。
なんで通じるかなぁ~

戦車の中で、バイブルが聖書の一節を思い出し語ると、ダディーがそれに答える。

269344_032_20150504214418a88.jpg


このシーンは本当に相手を理解し思いやりと慈愛の精神にあふれたシーンです。
が、それは一瞬の事。


bkQ2ufauTnHx.jpg


それでも 「ノーマン、お前はヒーローだ」

  あ~ なんて空しい・・・・

 戦争は、武器を持つ戦いは意味がありません。
 誰も幸せになれません



しあわせのパン

派手さはないし、話に起伏もない。
それでも、心地よい後味がする映画


pgWL_13_201505032104410d5.jpg

邦画はめったに見ません。
それでも観てみようと思った映画です

監督・脚本 三島有紀子

キャスト:
原田知世、大泉 洋
森 カンナ、平岡祐太
光石 研、八木優希
中村嘉葎雄、渡辺美佐子
中村靖日、池谷のぶえ、本多 力
あがた森魚、余 貴美子

2012年 日本の映画

私もパンが大好き
砂糖と小麦粉には中毒性があると聞きましたが・・・
それでも、どこの小麦粉か調べて、選んでも食べたい
パンが好き

 登場人物はネットからの引用です
恋人に沖縄旅行直前にドタキャンされて、真逆の北海道にやってきた
若い女性・香織(森 カンナ)
最愛の母に出て行かれて心に深い傷を持つ少女・美久(八木優希)
病気で余命僅かの宣告を受けた妻・アヤ(渡辺美佐子)を連れて
さいはての地にやって来た史生(中村嘉葎雄)

images_201505032126597c7.jpg


謎のデカいカバンを持った阿部さん(あがた森魚)
3時間かけてバイクでやって来る都会脱出組の山下クン(平岡祐太)
地元で不思議風味おばちゃんの陽子さん(余 貴美子)
同じく不思議な郵便屋さん(本多 力)
農家でマーニに食材を提供する子沢山の廣川夫婦(中村靖日、池谷のぶえ)


この映画では、おいしい焼きたてのパンに集まった人達がほほえみ幸せそうにしています。

こんなんで営業を続けていけるのか?なんて野暮なことも考えますが、多少「営業している」ことも出しながら非現実感は見えないような工夫がされています。

原田知世さんの聡明、透明感はキャスティングが良かったですね。
大泉洋さんも、普段の騒がしさとは正反対な静観する夫、いやパートナーという感じがとても良かったです。

sIMG_1455.jpg


キチンと北海道、洞爺湖のの自然と、厳しいものであるという冬、希望の春を丁寧に折りこんで、心地いい仕上がりでした。

DSC_08026.jpg





余 貴美子さんは似たキャラクターをNHKの朝ドラで観た気がします。
常識にハマらないちょっと芸術家的な女性
ピッタリはまっています。

月とマーニ
139765458346395639227_DSCF1122_2015050320580748d.jpg


「大切なのは、君が照らされて、君が照らしていることなんだよ」

人を幸せにするだけではなく
彼ら自身も幸せをつかんでいく、ハッピーエンド


ac1950de9c8f74dbc3651ccd59a33544_20150503205808d50.jpg

君がよく知っているのよね~
 
sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。