62 スターウォーズ エピソード3

とうとう見ちゃったって感じ。


初めの宇宙船の先頭シーンは酔ってしまうほどの臨場感。いよいよこの世界に入るんだなぁと引き込まれて行く。


主人公は何のことはない、ダースベーダー だったんだ。


だいたいのストーリーはいろんな読み物で知ってしまったから解っていたけれど、「あ~だめ、ウンといっちゃぁ」「行くなぁ~!」と、暗黒面に落ちてしまうアナキンを引き止めたい気持ちで切なくなる。


あの、アナキンの役ヘイデン・クリステンセンはぴったりのはまり役だと思った。


世間を知らない若造っぽくてよかった。考えたら、パドメとは10歳近く離れているはず。パドメが学校で鉛筆もって勉強している頃にオムツを取り替えてもらってたわけでしょ?何でも解ったようなふりをしても、世間を知らない男っているでしょ。器が小さいっていうか...


心の成長が十分じゃない青年の失敗の話


ダース・シディアスの言葉に引っかかって、まるで会えなかったお父さんに慕うように落ちてしまって...オバカ。


「そうじゃないって!」「私はそう思いませんと言ってしまえ」と、ストーリーが解っているのに焼きもきしてしまう。


久しぶりに、もういっぺん見たいと思う映画だった。

前日の寝不足がたたって、2回ウトウトと寝てしまった。


そういう意味でも、もう一回見たいなぁ。残念なことした。

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR