スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

36 ダビンチ・コード

 The Da Vinci code (2006)


監督:ロン・ハワード


製作:ブライアン・グレイザー、ジョン・キャリー


原作:ダン・ブラウン


キャスト:トム・ハンクス、オドレイ・トトウ、イアン・マッケラン、アルフレッド・モリーナ、ポール・べタニー


賛否両論あるようですが、私は面白いと思いました。小説を先に読んでいた主人は次の展開を知っているので、「ウンウン、アイツは...」と冷静に見たようですが、私は「うそ...」「何で?」と、意外性を楽しみました。


小説に忠実だったのは事実のようです。


フィクションとノンフィクションを取り混ぜて話を組み立ててあるので、もしも、この話が事実なら、世界はひっくり返って価値観も変わるだろうと思いました。


テレビで頻繁にレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」に秘められた謎と、「モナリザ」が誰なのかは興味深い。そこにキリスト教の弾圧や、湾曲された物があるのは事実ですから、見ているほうは引き込まれるのです。


幽霊と言われて父に嫌われたシラスの人生、「え~お前もそっち派かぁ!」という驚き、「ガンダルフ爺さん(ロード・オブ・ザ・リング)、ここでもいい演技してるなぁ」と言う楽しみを思うと、ウンチクを言う前に素直に観る事をお薦めします。


小説を読むか、映画を見るかどっちかにするのが一番いいね。


パンフレットを広げて、すこし予備知識を入れてから見るのがいいかも。とにかく字幕のセリフは一言も読み逃してはいけないほど、煮詰めて書いてあります。

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。