30 ワーキング ガール


ワーキング・ガール 1988年作品


なんといっても、主題歌


カーリーサイモンの「レット・ザ・リバー・ラン」


改めて、ぁこの映画の主題歌だったんだと思います。


 


男は一生男でいられる。しかし女はいつまでも女でしかない..こんなことを考えていたかつて昔、この映画を見て勇気が出たものです。


好きですね、サクセスストーリー。


友人が「見た」というので、図書館で借りて改めて見たのですが、リビングル-ムで観ている事を忘れてしまうくらい、見終わった後に我に返った感じがしました。


主人公、テス役のメラニー・グリフィスは、メグ・ライアンにちょっと似ていて、彼女ならどういう風に演じるだろうと思いました。若いんだか、年とってるんだか、髪型や、状況によってあんなに変わるんだなぁとびっくりしました。


冷静に考えると、...というのは、今ならわかるけれど、そうそうたるメンバーです。


ご存知、シガニー・ウィーヴァー この顔でエイリアンと戦ったんだもの、同い年で学歴の無い子なんてイチコロよってなもんで...おぉ怖


いやらしい上司役。出番が5分ほどのケビン・スペイシー。彼の悪役は軽く微笑んで悪いことしそうでチョー気持ち悪い。


イケメンの恋人はアレック・ボールドウィン


親友はジョーン・キューザック


いいとこぞろいでなんと言ってもハリソンフォードが若い。1988年というと、「スターウォーズ」の後、「モスキートコースト」と「インディージョーンズ/最後の聖戦」の間です。


インディージョーンズといえば来年シリーズ4が出るとか...ほんとかな。


   ブックオフでDVD探そう

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR