40 バティニョールおじさん

バティニョールおじさん


2003年作品


フランスの話


 


第二次世界大戦中のユダヤ人の子供を預かることになったフランス人の人のいい、心やさしい男の話


この役を演じたジェラール・ジュニョは「コーラス」でこれまた心温かい音楽の教師役ですでに知っていました。


人がいいけど、信念はしっかり持っている


子供の境遇やちょっとした言葉に心を動かされながら、人として何をすべきかを知って、大胆に進んでいくところは見ていて思わず声援を送りたくなります。


少年役のジュール・シュトリック君は医者の子らしい、利発な機転のきく子を演じていますが、役にぴったりのいやみの無い子でよかったです。


時にコメディー 時に、シリアス


ユダヤ人への迫害を扱った映画は、悲惨で悲しいものが多いですが、それにとどまらず、希望を感じる結末。


時代の背景を知っていれば、ヒヤヒヤしますが、心温かい作品になっています。

スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR