8 めぐりあう時間たち


原題:「THE HOUES」
2002年の作品」アメリカ
3人の女性の縁...

時間3
1923年、ロンドン郊外、リッチモンド。
病気療養のためこの地に移り住んだ作家ヴァージニア・ウルフ(二コール・キッドマン)は『ダロウェイ夫人』を執筆していた。

1951年、ロサンジェルス
『ダロウェイ夫人』を愛読する主婦ローラ・ブラウン(ジュリアン・ムーア)は、夫の望む理想の妻を演じることに疲れながら息子(リッチー)と一緒に夫の誕生ケーキを作っている。。
時間5

2001年、ニューヨーク。時間2

『ダロウェイ夫人』の主人公と同じニックネームのクラリッサ・ヴォーン(メリル・ストリープ)は、親しい友人(エイズ患者エド・ハリス)の作家リチャードが栄えある賞を受賞したことを祝うパーティの準備をしていた。

3人の違う時代の女性、それぞれの人生が、「ダロウェイ夫人」により繋がれていく。

不思議な映画です。
難しい映画でした。

結局、根底に同性愛があるんじゃない?
なのに異性と結婚して、解決できない自己の矛盾を抱えて苦しむ負の力が、3人を結び付けたと言う気がします。
自分の人生を歩きたかったってことですね。

ニコールキッドマンの付け鼻はすごい。
あれだけで、別人のようです。

それから、エド・ハリス時間4
肌のカサカサ度 胸の傷 痩せ方 本物の病人でした。すごい!
 
ローラの息子リッチーは、クラリッサの友人リチャードである事がわかるあたりで、歴史とか、繋がりがぐわ~~~っと迫ってきます。

自分の人生か...
自分の人生ね...
スポンサーサイト
sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR