8 リコシェ

リコシェ


今週はデンゼル・ワシントン特集らしい。


お昼のテレビ東京...


1991年の映画です。若いねぇ~、デンゼル・ワシント


ン 顔が細い!


ところでね、この「リコシェ」の意味を知りたいと思って検索しましたらた結構ヒットしました。


【名】跳ね返り、飛び跳ね、跳飛、(石の)水切り
【自動】飛び跳ねる


いやぁ元気のいい意味なんですよ。


弾丸とかミサイルのたぐいのものが当たってばぁ~んと跳ね返って戻ってくる。


この話の内容から言うと、REVENGE=復讐じゃないってところが意味深。


ジワジワと復讐するというのではなくて、もっと勢いのある避けたのか、当たったのかわからないような、帰ってきたものが命を持っているイメージです。


     ○●○●○●○●○


それにしても「生きて苦しめ」って言うセリフ 怖い。ジョン・リスゴーの悪人ぶりは怖いじゃなくて、気持ち悪い。


普通ね、「殺すぞ」とか「死ね」って言うでしょ、犯人は。


「ダメだ、死んじゃダメだ。生きて苦しむんだ」って言うのよ。


これ、究極のいじめ!名誉や、地位を奪って、辱めを受けて生きる。


信じてもらえない潔白。


あぁぁ やだね。こういうのって...


      ○●○●○●○●○


最後のマスコミに対する一発、スカッとします。


日本でも誰かやらないかな。


マスコミに乗せられて、ウソを信じてしまうことってありますね。 面白おかしく、視聴率だけ考える紹介はやめていただきたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR