スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7 アメリカン・ギャングスター


ただいま上映中ですけど、本は出ているんですね。もちろんDVDはまだ...


つまり劇場で見たんですわ、ダーリンと...


 


 


1968年から70年って、ベトナム戦争が終りそうで終らないころ。もうアメリカがぐちゃぐちゃになっている頃。


私には..まだ遠い国だったアメリカ。


そこに両極にいてそれぞれがその世界に紳士でありたいと思う人がいたんですね。


いつも思うんですが、アメリカは大きい国です。んでもって、実話を基にして作った作品というから、「コレがアメリカ」と言わせる映画だと思います。


母と息子が向き合う(平手打ちのシーン)はいいポイント。


アメージングレースの歌と共に教会から出てくるシーンでは、なんていうか、心震える澄んだ空気が伝わってきました。


最後の30分のシーンのために前半があったんだな。


すばらしい男同士の心意気と合法的な取引。


どっか~んと爆発するような感動じゃなくて、きっとずっと記憶に残るだろうと思う作品でした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。