スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

58 ナイト・オン・ザ・プラネット

ナイト・オン・ザ・プラネット


 


Night on Earth


 


 


オムニバスな何かちょっと苦手。


でも、これはひとつひとつが、興味ある話だったな。それもどちらかと言うと、ブラックユーモアに近い。


5つの都市の深夜。タクシー運転手と客のやりとり。


フランスのコートダジュール出身の運転手と盲目の若い女性のやり取りも面白い。見えると言うことは何かと考えさせられる。


最後のヘルシンキの史上最高にかわいそうな男。雪降る街に合う、悲しい顔だった。


一番笑えるのは、ドイツから来たピエロさん。ニューヨークしかもブルックリンという街が、彼にとっていかに新鮮で、希望に満ちているか。


ロベルト・ベニー二のイタリアの運転手も息が詰まりそうあ早口と濃い内容に、本当に具合が悪くなりそう。


そして、L.A.の若い運転手、ウィノナ・ライダーの生き方、考え方は筋金入りで、彼女の今後を見たいと思わせる。


「ねぇ、自慢じゃないけど、私は...」と映画製作に携わっていることをいうジーナ・ローランズもはまり役で、その対比が興味を引く。


昨今の小娘なら「これはラッキー」と飛びつきそうなお誘いなのに。


「私の人生じゃないわ」


   いっぺん言ってみたいセリフだわ。


見終わって、なんだか5つも映画を見たような錯覚を覚える。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。