スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

34 ホテルルワンダ

33b4960f.jpgホテル・ルワンダ プレミアム・エディション


 


 


 


 


 


実話にもとづく ということは、私が見たものは現実にほぼ近いということ。


そんなことがあっていいのだろうか。


劇中に、主人公のポール・ルセサバギナはカメラマンに言われる。


「世界の人々はあの映像を見て──“怖いね”と言うだけでディナーを続ける。あなたは、自分がわかっているのか、ニガーでもない、ただのアフリカ人だ。」


主人公のポールは1979年にサベナ社に雇われ、後にケニヤ・ウタリー大学でホテル経営を学び、サベナ社で再び働き始める。


1984年10月から8年間、ミル・コリン・ホテルの副総支配人を勤め、その後キガリにあるディプロマト・ホテルの総支配人に抜擢された(ベルギー系企業でルワンダ人がここまで出世した例はかつてない)優秀な人物。


この言葉の意味の重さ


100日間にわたるジェノサイドでの出来事


沈静化された後には100万人の犠牲者が残ったとエンドロールにあった。


袖の下と、暴力。


平和と戦争は紙一重のような気がする。


ジェノサイドの丘〈上〉―ルワンダ虐殺の隠された真実
ジェノサイドの丘〈下〉―ルワンダ虐殺の隠された真実

昨日も書いたけれど、 意味のある戦争は 無い。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。