スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32 海猿

海猿


 


先にLimited of Loveを見たので、逆になってしまいましたが、仲間のつながりって、仲間の友情って何?と考えさせるあたりは、先が読めても面白いですね。


 


すべての海上保安官の中で、わずか1%の人間しか到達しえない人命救助のエキスパート「潜水士」


どんなに3枚目を演じても伊藤英明さんはかっこいい。


せいかんな顔立ち、筋肉質の上半身。


私は水が怖いので、ボンベが空になるとか、ロープが引っかかるとか見ただけで汗が出ます。


絶体絶命の時に人を信じるということは、大変なエネルギーが要りますね。心って見えないから...


伊藤敦史くんが死んでしまった時に「犬死だ」と言ってのけた教官の言葉は本当にむなしい。ですが、現実なんでしょう。


助けられなかった側から考えると、もっと他にやり方が無かったのかと突っ込まれるような結果です。物語とはいえ、厳しい現実。


「両親の命をたすけられる自分になりたい」という夢はほんとうに夢になってしまいました。そういう風に夢半ばで逝ってしまった若者が大勢いるんだと思うと、涙が出ます。


「総勢13名っ!...」「いいえ、14名ですっ!」


私が安穏と暮らしている間でも、まだ起きない事故に備えて日々訓練している方々にささげたい映画。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。