41 フォー・ブラザーズ

      Four Brothers (2005)


監督:ジョン・シングルトン


出演:マーク・ウォールバーグ 、ダイリース・ギブソン、アンドレ・ベンジャミン、ギャレット・ヘドランド


雪のデトロイト。


昔、日本にもこういう恐いけど、本当は優しい、良心を持ったおばさんがいましたね。 近頃は悪さをたしなめるとすぐ殺される...


 


ジョン・ウェインの「The sons of Katie Elder (エルダー兄弟)」のリメイクだそうです。


物語は、なになに?と思っているうちに、はっは~んとわかってくる。


このおばさんは、どこも引き取り手のない悪がきを4人も引き取って成人させ、実の息子として育てた人なんだ。


運の悪い事...と思っていると実はふかぁ~い訳があった。


愛は血よりも濃いね。


「みんな死ねばいいと思った」とか、「人生をリセットしたかった」とか言って、実の親を殺してしまう昨今。


血縁よりも、いかに一人一人の信頼とか愛が大切かがわかる。


こんなに立派に育った子供たち、「目には目を」式に、血は血で復習する事しか考えないのは残念だなぁ。四男が「マーサー!マーサー!」と長男を呼んで、亡くなるのは、切ない。


クスッと笑わせたかと思うと、ジーンとこころにささったり、面白い映画でした。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR