37 ロード トゥ ウオー

     LORD OF WAR (2005)


監督: アンドリュー・ニコル


出演: ニコラス・ケイジ、 イーサン・ホーク、ブリジット・モイナハン、イアン・ホルム


ロードは道じゃなくて、王様のこと


戦争の王です。


あ~いやだな、こういう銃をおもちゃのように取り上げる映画は...と思っていたら、銃の売買や戦争がいかに意味のない非人道的なものかと言う事を、いう映画だと判って来て、見初めと、後半は私の意識が違いました。


しかも、「事実に基づく」と言う最後の一行が、ショック。武器商人の証言に基づいているそうです。


ニコラス・ケイジは好きじゃない。リービング・ラスベガス 以来、あのノペっとした表情が好きじゃない。が今回は、その無いようで、ある表情が2面性を持つ役柄に合ってる気がします。


ぎりぎりの線から一見成功しているように見える、その内面は独自のポリシーがあるとはいえ、崩れていく、今の時代を良く表している映画だと思いました。


ものすごい、すぐれ物を持っているけれど、隠し場所は海の近くのコンテナ。この設定が実に現実的な気がして、これから世界は、日本はどうなるんだろう...と、現実の事情と重ねて考えさせられました。


悪人なのか、ヒーローなのか...


切ないね。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR