スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27 ア・フューグッドマン

 A Few Good Men (1992)


監督:ロブ・ライナー 


脚本:アーロン・ソ-キン


キャスト:トムクルーズ、デミ・ムーア、ジャック・ニコルソン、ケビン・ベーコン


久しぶりに若いトム・クルーズを見ました。やっぱり、恋人にしたい条件、「tall,dark,and handsome」を満たしていますね。


しかし、この条件の中には物静かであると言う意味が含まれるというから、彼はちょっとはしゃぎ過ぎかな。プライベートで見せるあの笑い声は、このハンサムな顔に似合わない。


それから、このころのデミ・ムーアもいいですね。若いというより、すごく自然で「これから伸びます」という雰囲気があるのに、離婚して、独立して、いやらしくなった。この映画辺りまでが一番いい。


さて映画。


最後の裁判の場面での追い込みがドキドキする、自分がやったと言わせる山場。どこまでが計算でどこで白旗を揚げるのかとハラハラするけれど、「言え!」と思わず叫んでしまいそうな盛り上がり。


ジャック・ニコルソンの怒りに任せた証言は見事。


上官から命令されたことを実行して、有罪になった男が除隊になることが決まった。その男に、トムが言う。


   名誉に制服は要らない


これは名言だと思う

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。