スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

94 フォーガトゥン

 Forgotten    (2005)


え~ どうなってんのぉ と思わせておいて、「なぁんだ」ってね。


時々、新作紹介のフィルムは観ないほうが良かったと思う映画がある。これもそのひとつ。 あのCMずるい。エイリアンだとはおもわなかったな。


ただ、映画の冒頭部分で上空から町を撮ってることや、上空からのショットがエイリアンの目線を思わせて、「ちょっとなんかありそう」っぽくて怖い。何か来るというドキドキもある。あとから思うと、やたらに攻撃するエイリアンじゃ無くてよかったかも。なぜ記憶が無いのかと不安になる状況の詰めが甘いかな。もっと押し迫る表現があると怖くて、切ない映画になっただろうに。 母親と警官とエイリアンの絡みが薄くてもったいない。


テーマは、「母親の愛はエイリアンの記憶コントロールにも屈しないほど強い」ということ。


でも、全て解決して、ジュリアン・ムーア扮するお母さんは夫と元の生活に戻れただろうかと心配してしまった。


監督の見た夢からヒントをえて映画になったと説明があったが、きちんとした柱がなかった気がする。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。