89 バットマンビギンズ

バットマンビギンズ BATMAN BEGINS2005


 


あのうつむき加減のシルエット いいですね。いかにも影を背負って生きる感じがしてうつむいてるのに、迫力がある。お父さんの「人はなぜ落ちるか。這い上がるために落ちるのだ」が根底にある姿。


 


クリスチャン・ベールがいい。冒頭あたりのふぬけ顔とバットマン誕生の引き締まった表情を替えていて、別人のようです。


 


別人と言えば、彼は「マシニスト」という映画で28kgも減量して骨と皮だけになった人。やりゃあいいという物ではないけれど、あれは歴史に残るコントロールだと思う。


 


そんな大富豪がいるんだと感心するくらいの大富豪。おまけにウェイン家は健全。執事まで健全。なんていい人達なんだろう。そんな生い立ちと、突然の悲劇にもかかわらず上品な環境をうまく出しています。トラウマの克服や復讐の無意味さを語るのに説得力のあるバットマンの誕生でした。


悪と善の葛藤をうまく描き、人間味のあるバットマンはかなりいいと思いました。


あの、渡辺謙さんを見たかったはずなのに、ストーリーの邪魔にならないいいポイントで、忘れてしまっていました。これはいいことだと思います。


 


主役も良いですが、とりまく助演たちがいいものぞろい。ゲーリーオールドマンが何か意地悪しないかとひやひやしましたが、コミカルで意外にはまり役になってました。マイケル・ケイン、モーガン・フリーマンも適役でよかったです。


 


今になって思いますが、劇場で見たかったな。この迫力を体感したかったです。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR