82 運命を分けたザイル

TOUCHING THE VOID  (2003)


実際にあった遭難事故から生還した2人の記録をドキュメンタリー風に再現したものです。中に2人と同行しキャンプで帰りを待った1人がインタビューに答えながら、話が進みます。


ジョー・シンプソンが、事故の後その決断が法に問われたことに対して、事実を書いて本にしたもの。映画っぽく脚色してあるかと思ったら、まったく本のままだと夫君が言います。


ジョー・シンプソンとサイモン・イェーツは、アンデス山脈、標高6600mのシウラグランデ峰・西壁踏破に挑んだ。ほぼ垂直にそびえる西壁は彼らが制覇した後はいまだ誰も成功したことがない。


事故の80%は下山途中に起きる。


ジョーが滑落し足を骨折する。サイモンはザイルで二人をつなぎ単独救出を試みる。が垂直の氷壁で中ずりになってしまう。そこからいかにして、生還したか。


山を知っている人も、知らない人もこの勇気と生きる力を知ってほしい。あきらめない心と、信じる心。


高いところが恐い私は、あれほどの経験をして尚、山を愛する気持ちは想像できない。 山が呼ぶんだね。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR