78 黄泉がえり

  黄泉がえり (2003)


ある日突然、死んだ人たちが蘇る、つまり黄泉の世界から帰ってくる。それも、死んだ当事の姿のままで。 どうします? 小さい時に亡くなったお兄さんは、弟よりも幼いし、いじめにより自殺した少年を受け入れる周りの人々の戸惑いは近寄りがたいもの。


彼らはどうやって戻ってきたのか?今ひとつこの点の詰めが甘かったな。


蘇ったことと言いたいのか、愛の真相を言いたいのか、ちょっと今ひとつ感動の山がとがらなかった。


 


人を思う気持ち、つまり無形のものが存在するということ、死後の世界があって地上の気持ちと通じているという事、そんなものをはっきり示した話でした。


 


九州の阿蘇地方のとある地域なんですが、どうして九州だったんだろう。


 


草なぎ剛君素朴でよかったです。ちょっと甘かったけどね。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR