スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

72 バイオディザスター

 The Biodisaster  (2000)


たまたまつけたテレビの画面にマイケル・ランドンの名前が出ていましたので、ビデオに撮ってじっくりみました。大草原の小さな我が家のマイケル?と思ったのですが、どうやら勘違い。2000年ですもの、彼はもっと以前にガンで亡くなりましたね。


ウイリアム・ハート「蜘蛛女」「ドクター」いい役者さんです。


さて、ハンガリーの製薬会社の警備員として働いていた男が、突然リストラになり、直談判に乗り込む。別れた妻といっしょに暮らす息子への面会権を剥奪されることを恐れての直談判だったが、ウィルスの研究室に乗り込んでしまったために被爆し、なにやら恐いウイルスに感染してしまった。


上層部の企みからテロの一員として終われる羽目になった彼は必死に逃げる。家族に会いたい一心で逃走する彼と接触した人間は100%の確立で数分後に死んで行く。


この男、どこかで見た顔だなぁと思っていましたが、わかった!「ロボコップ」の人だ。すごいメイクで全然わからんかった。


正義と人間愛で、男を助ける製薬会社の一スタッフがウイリアム・ハート。 なんだかんぁ、生え際の広いおでこに長髪か...。


ダスティン・ホフマンの「アウト・ブレイク」と言う映画とは全然内容が違いますが、ちょっと連想しました。ウイルス物は恐いですね。


死にそうなのによく走れるナとか細かい事は抜きにして、自分の生きる価値とか目的とかを問うところがよかったです。



 

追記


最後に近いシーンに、雪の丘を転げるシーンがある。カメラワークが良くてすぐそこで自分の目で見ているように感じる。お??と思って巻き戻し。コマ送りでよく見ると、カメラマンの靴が映ってる!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。