67 モーターサイクル・ダイアリーズ

THE MOTORCYCLE DIARIES (2004)


 


革命家チェ・ゲバラの無鉄砲で情熱的な青春の日々。


チェとは「おい」とか「やぁ」とか人を呼びかけるときに使う言葉でゲバラが若いときに良く使ったので愛称で チェ と呼ばれるようになったそうです。ロバート・レッドフォード製作総指揮って知らなかったなぁ。


 


医学生時代、友人のアルベルト・グラナードとオートバイのポデローサ号(スペイン語で「強力な」という意味)でブエノスアイレスからコルドバまでの南米大陸旅行に出発しその道中を描いたのがこの映画です。。こういう旅もいいなぁと思いました。わたしには想像できない10,000キロの好奇心だけの旅そりゃぁ人生観も変わるよなぁ。喘息持ちなくせに向こう見ずでハラハラする。純粋で熱血漢で思慮深い。


 


ガエル・ガルシア・ベルナルは23歳のゲバラによく似てはまり役だそうです。ハンサムですね。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR