65 ダイナソー

Dinosaur (2000)


 


キツネザルの毛並みはCGかなと思うほどよく出来ている。実写とDGの境目がわからないほどうまくマッチしている。


 


イグアノドンの卵が偶然と幸運に乗ってキツネザルの島へと運ばれた。


 


殺してしまえと抱き上げて、何も知らないイグアノドンの赤ちゃんアラダーがおしっこを漏らしたシーン、キツネザルのお父さんのどうすりゃ良いんだという表情とお母さんの肝の据わった話し方が、私たち人間にあるものと同じでほほえましい。


 


巨大いん石の衝突で、荒野となった地から、アラダーは生き残った恐竜やキツネザルと共に、伝説のオアシス「命の大地」を求めて旅に出る。


 


ディズニーの映画は友情とか愛とか、いつも大切なテーマがある。「死ぬのは希望を捨てた時よ、運命は自分で決めるの」


そして、トンネルを抜けるとそこは緑の大地だった!めでたしめでたし。


古代を連想させる曲も良かった。


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR