スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24 カールじいさんの空飛ぶ家

原題:Up   これだけ? 

2009年 アメリカの作品 
そう、アメリカの作品 そうだよね、アメリカだよね
だから好き!と言いたいくらい。


初めの10分くらい、カールじいさんの今までが静かに紹介されるように流れます。ここ結構重要なんですね。
いるいる!こういうおじいさん。
わかるかわかる!その気持ち
この根底があって、空飛ぶ意味がわかるんですね。

カールじいさん2
小太りなラッセル君がこれまた、純粋でとてもいいキャラクター
偏屈じいさんといいコンビになってます。

どちらにも共通するオタクっぽい物があり、見事にそこを脱出して、成長という結果になっていきます。
空飛ぶ家がベネズエラに到着してからは、クスッと笑わせるネタがちりばめられて、アニメなんだから~と思いながらも、引き込まれてしまいます。
人はいくつになっても、生きているということにおいて、成長するなと思ったものです。


カールじいさん

楽しませてくれる作品でした
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。