スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32 のだめカンタービレ最終楽章後半

のだめ3
遂に出たとおもったら、前半後半でじらされるとは思わなかったな~
でも、見てみると当然の運び。
ま、長い期間、のだめを楽しめるという点ではありかなと思う。
それぐらい、楽しみな映画でした。のだめ1
稀な人物像の描写と、うそ臭いフリではなかったこと。のだめ2
のだめ5

指揮はもちろん、バイオリン演奏  ピアノ演奏 なんでも、ほんとうに以前やったことがあるかのように、また本当に演奏しているかのように、演技できるまで取り組んでいるところは映画として本物だなと思ったものです。

今回は、単に面白いということではなくて、のだめぐみの成長がわかるストーリーで、恋と葛藤や嫉妬が表わされていて、尚且つ原点に戻るというハッピーエンドである事が、私にとってホッとする物でした。

音楽を勉強する人にとっては、解る 判る 分かる!の連発だったと思います。
演奏家と結婚 演奏家と恋愛

私が笑うところと、主人が笑うところが違うのです。
私には痛いほど理解出来て、笑えないというところが何箇所もありました。

見終わって、しみじみと日本のコミックはすごいなぁと思うな。

最終章で玉木宏さんは前回より痩せていて、病気?と思いましたが、イメージすると実に千秋先輩らしいシルエット
上野樹里さんと玉木宏さんは、コミックに出てくる2人そのもの
キャスティングは大成功でしたね。


のだめ4

ラストシーンの長いキス

それを見ながらシミジミ思う。
人をありのまま受け止めるって、言うのは簡単。特に恋愛中は何でもいえる。
だけど、実はとても大変な事
千秋先輩はすごい
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。