ツリー・オブ・ライフ

原題:The Tree of Life
2011年アメリカ映画

母(ジェシカ・チャステイン)
父(ブラッド・ピッド)
ジャック・オブライエン(ショーン・ペン/ 子供時代・ハンター・マクラケン)

カンヌ国際映画祭でパルムドールを取った映画はこれか~  なるほど…

つまり私としては 不完全燃焼の映画ってこと。

でも、夫婦がどういう関係であるか
子供がどう葛藤しているか

母は妻はどう受け止めるか

これはすごく共感できる(真逆なんだな )
001.jpg


同じ「植物を愛す」ということでも目的が違う
力をその先に求めるものと
あるがままに受け止めようとするものと…

ジャックが力と成功を同類と見てしまいがちな社会に、また、そこへ引き込まれそうな自分に対して、必死に神に問い正しく導かれたいと真に願っている


ここは痛々しい

初めて演技した少年とは思えないほど 自然でここちよかった。

こういうの
を見つけて いいアイデアだと思いました
真ん中をクリックすると 短いシーンが見られます


成長したジャックが 数十年の時間を経て思いを巡らす

これがかったるい
ジュラシックパークじゃないんだから・・・

いやいや、葛藤しているのはわかる
けど、長いなぁ この部分

生命の連鎖? 壮大な我血統の歴史を 時空を超えて思いめぐらすのだから そらァ長い

深い 言わんとすることはわかるが
  エンターティメントではなかったな  私としては。

父親がクラシックの音楽家として成功したかったという設定は、厳格さを出すにはよかったかもしれない。

a0051234_014464.jpg


だいたいね、こういう絵だけコマーシャルで見せるから もっとドラマ性のある内容かと期待させてしまうのよ

つまり 父親の深い愛情が 幼い子供には伝わらなかった っていう話
でも本当はすごく愛されていました って。

お母さんもまた違う、素晴らしい愛情のある人でした

歳をとって 思いめぐらしています 

それはよくわかります。
綺麗な映画なんだけど、違うものを期待させたのが良くないと思うのね



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR