愛を読む人

ケイト・ウィンスレットって、あの不滅のタイタニックのヒロインをやった人
ものすごく成長したなと思います      (上から目線ですけど)

a3.jpg

この映画の舞台はドイツ    (でも英語で喋ってた  シィ~~~  内緒) 
恋愛ものだと思いましたが、戦争映画だ。いや、ヒューマンドラマか・・・

実に重いものを背景にして、愛ってなんだろうと考える映画

原題:THE READER
2008年 アメリカ・ドイツ

「リトル・ダンサー」「めぐりあう時間たち」のスティーヴン・ダルドリー監督

時は1958年のドイツ。
マイケル(レイフ・ファインズ)は15歳 高校1年くらい?なんでも興味津々な年頃!

a1.jpg


a5.jpg

具合悪くなったところを親切に助けてくれたのが、すごい年上の女性ハンナ(ケイト・ウィンスレット)
後日、お礼に伺ったところから、大きく人生が変わるのね


突然姿を消したハンナに、偶然会ったのはそれから8年後
法学を学ぶマイケルが授業の一環で傍聴した、ナチスの戦犯を裁く法廷
その被告席に座っていたのは彼女!!

a6.png

なんてこったい


ここからが言わば本題

ハンナは不利になるのを承知で或ことを隠し通すのです。

a2.jpg

マイケルは、かつて楽しかったころを思い返して、その秘密を知るわけです。


そして判決



    そして・・・

    生きるって すごいことだね
   
          愛って 強いね

          愛するって 切ないね

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR