スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23 夜の大捜査線

夜の大捜査線 [DVD]夜の大捜査線
1967年の作品 


原題:In The Heat Of The Night


クインシー・ジョーンズを曲をレイ・チャールズが歌う 真っ暗な夜を列車が来て、男が駅の待合室に入る


ハエがカレンダーに止まるんです。これで、暑いんだなぁって思いますね。ミシシッピー州ですし。


とっても若くて、すってきなシドニー・ポワチエ この作品は5つのアカデミー賞を取りました。


いつもいいますが、「夜の」はいいけど、なんで「大捜査線」だったんだろ


暑い夜に なんて題にすると、ちょっと方向が違う印象になるのかな...


母の様子を見に故郷へ変える途中、乗り継ぎのために、偶然降りた町で起きた殺人事件にかかわることになった都会の敏腕警察官が、この田舎町で偏見と立ち向かいながら事件を解決し、また列車に乗って母に会いに行く。


  いや、フィラデルフィアへ戻るんだっけ?どっちでもいい


          ゚・*:.。..。.:*・゜゚・*


大きい平屋建ての家をロングショットで撮るとか、ん~アメリカって言うシーンがたくさんあります。


フィラデルフィア警察の殺人課の優秀な刑事バージル・ティッブス(シドニー・ポワチエ)が白人の領主を平手でひっぱたくシーンがあるんですが、物言わず偏見と権利に立ち向かう顔が見事です。


それを、ミシシッピーの田舎町スパルタの警官サムが当然だという顔とこの後始末どうするんだという顔で見る。


思わず手に力が入るところです。


人の気持ちが代わるということを表現したシーンはいろんな映画にたくさんあり、そのたびに私はウルウルするのです。


映画の最後に、駅まで車で送ってきた、偏屈で頑固な町の警察官サムが、ティッブスのスーツケースをごく自然に、まるで友達を送るように車の後ろの座席から持ち運ぶシーンがあります。


これ彼なりの最高の敬意


このサムはロッド・スチュワートが演じていますが、ぴったりのはまり役


お前さん、いい男に会ったもんだぜ って言ってやりたい

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。