スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントアンナの奇跡

黒人だけの部隊「バッファロー・ソルジャー」 というのが、第二次世界大戦中にあったらしい。

どことやってる戦争なんだか。人種差別って恐ろしい

キーポイントのこれ、イタリア・フィレンツェのアルノ川に架かるサンタ・トリニータ橋 にあったプリマヴェーラ像

f0168149_21434712.gif


原題:Miracle at St. Anna
    2008年 アメリカの作品

セントアンナって イタリアのサンタンナという村 
そこで起きた奇跡てことね

さて、どんな奇跡だったか。


あのね、盛りだくさんで、見終わったあと整理するのが大変だった。
つまり~~ えっと...て具合にね。

バッファロー・ソルジャーの伍長ヘクター・ネグロン(ラズ・アロンソ)
オブリー・スタンプス二等軍曹(デレク・ルーク)
ビショップ・カミングス三等軍曹(マイケル・イーリー)
サム・トレイン上等兵(オマー・ベンソン・ミラー)
少年アンジェロ・トランチェッリ少年(マッテオ・スキアボルディ)


監督がスパイク・リー この方は、人種差別を真っ向から反対するんじゃなくて、一味二味たして、

「そうね、あなたの言うことはわかるわ」と言わせる監督

spike_lee.jpg


photo2.jpg


実話をベースにちょっと脚色して、
言いたかったことは極限の中でも、人間としての愛を持つということの美しさ。

ドイツ軍の中にも、そういう兵士がいたということ。
「個人の平和の願いが希望だ」と言った人もいますが、然りです。

001_20120817222759.jpg

そして、真逆の残酷な現実
1944年8月、ドイツ軍が罪のないイタリア市民を虐殺した。

images_20120817225609.jpg

そういう究極の姿を、黒人であるスパイク・リーの感性で描かれた映画。

映画の冒頭部の、偶然落ちてきた新聞が真下にあるカフェのテーブルに落下し、その新聞を見て凍りつく男

そこから、(その男がどれほど奔走したかわからない)アンジェロが浜辺でロザリオをヘクターの首にかけるまで、始めの部分がなんだったか忘れてしまう

それほど時間がが流れたんですけどね、長い...163分!

その再会に至るまでのいくつもの奇跡。
003_20120817222758.jpg


ハッピーエンドが嬉しくて


           泣きましたね~~
    




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。