スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦火の馬

原題:War Horse

2011年 アメリカ
    ディズニー
監督 スティーヴン・スピルバーグE1331027101034_1.jpg


wikiによると、マイケル・モーパーゴ(英語版)による児童小説。イギリスに生まれ、第一次世界大戦で軍馬としてフランスに送られた馬と周辺の人間たちの物語 だそうです。

その後「軍馬ジョーイ」という舞台作品が作られたようにも書いてあります。


監督は とても厳しく容赦のない地主によって苦境に立たされている家族が、この農場を続けるためには時間が足りないというアイデアを真っ先に取り上げたそうです。
好きですね、このテーマ。

  こんな馬 欲しい~~~

   大砲引っ張ったんだから、私くらい乗せられるでしょ・・・


アルバート・ナラコット:青年(ジェレミー・アーヴァイン)
ローズ・ナラコット:母 (エミリー・ワトソン)
ライオンズ:父(デイヴィッド・シューリス)

57308610.jpg


生まれた時から心惹かれ、成長した暴れ馬
ああ あの無鉄砲なお父さんが、払えないほどのお金で競り落としたジョーイ

そのジョーイは、やさしい青年のこころに共鳴するようになり・・・・

たとえ離れ離れになっても、丘の上まで大砲を運ばされても、地雷がある戦場を突っ切って、生き残る。

001_20121014220917.jpg


こんな数奇な運命をたどるなんて、
人のような心を持つジョーイ

uma1.jpg


あ~ ディズニー映画 素敵!



    ちょっと嫌味?

単純でも 意図されたストーリーと解っていても
綺麗な映像と、脚本と合わせて

やっぱり観てよかったと思うのです。

uma3.jpg




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。