悲しみが乾くまで

最愛の人を亡くしてからの日々を描いています悲しみが


原題:THINGS WE LOST IN THE FIRE
2008年・アメリカ&イギリス
監督:スザンネ・ビア

キャスト:ハル・ベリー 
     ベニチオ・デル・トロ 
     デヴィッド・ドゥカヴニー

ある日、夫ブライアンがちょっとアイスクリームを買いに出かけて・・・殺されてしまいます。

お葬式の日、夫の親友ジェリー(ベニチオ・デル・トロ)が来ました。久々に再会した彼女は、彼が相変わらずドラッグ中毒にまみれた暮らしをしている事を知る。

kana.jpg

ジェリーをよく思っていなかったオードリーだけれど、子供たちは彼になついていきます。
子ども達のことを考えて、空き部屋に越してこないかと提案する。

このあたりがリッチだなと思いますね。ブライアンが仕事に成功して、何も心配ない生活・・・
   (主人公が貧乏のどん底だったらこうはいかないネ)
ジェリーはかつて弁護士だったんですよ。やっぱり、あの聡明なブライアンの幼なじみにふさわしい人物
今はヘロインにおぼれ、堕落していますけどね。

ベニチオ・デル・トロ
こういう屈折した性格人生を演じるにぴったりの人。

kana3.jpg

この顔の違い!
kana5.jpg
リサーチしたんでしょうね~
kana6.jpg





更生する会で出会った女性とか
kana4.jpg
出てくる人は、多少クセもあるんだけど、やさしい人ばかり。
隣人のニールも、彼に早朝のジョギングに誘ったり、仕事への足がかりなどをつけてくれたり、類は友を呼んで環境としても豊かです。

kana1.jpg


オードリーの弟も、献身的
ジェリーの禁断症状時期には、ふたつ返事で面倒をみました。

男の付き合いって女には判らないものがあるんですね。
ブライアンとジェリー 時には家族を放ったらかして遊ぶくらい仲がよかったみたい。


   夫と子ども   夫とジェリー

ここにオードリーが知らない、子どもとジェリーの共通点を知る。

オードリーの知らないことがポツポツと見えてくると、寂しい上に感じる疎外感・・・・
血気怒気で言い放ったことが、事件になります。


そして、ジェリーの魅力に気づきはじめる

いやらしい男女の絡みがなく、人間性の是非を問いたい送り手の意思がある、いい映画でした。


「何で夫なの、あなたが死ぬべきだったのよ」
きっついことを言う・・・それでも気持ちを受け入れて黙って聞くジェリーや、
やっと、鎧を脱いで自分を出すことができたオードリーが、ブライアンの部屋に入って大泣きするシーンは切ない。

原題の 「火事で失ったもの」は失ったものに対して喪失感を言っているのではなく、 「失ったのは物だけだ。僕らは無事だったから大丈夫だ」という前向きなブライアンの代名詞。




目のアップが各所にあって印象的で、生の感情を感じます。
スザンネ・ビア監督の得意なやり方だそうです。


kana2.jpg






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR