プリティー ウーマン

p4.jpg
冷やしたシャンパンにイチゴを準備して、もう一回見よう

監督:ゲイリー・マーシャル

キャスト:エドワード・ルイス=リチャード・ギア
     ビビアン・ウォード=ジュリア・ロバーツ

     ホテルの支配人=ヘクター・エリゾンド
      

何で今更「プリティー・ウーマン」?

だって、BSでやってて・・・録画してあってさ、久しぶりに観たんだもん

やっぱりねビビアンの生まれ持った資質が良かったんだね

原題 Pretty Woman
製作年 1990年
製作国 アメリカ
1990年か・・・もう23年も前の映画になるんだ・・・p6.jpg


殻をかぶった、こども大人のエドワード・・・

あらゆる情 つまり親子の絆や深かったはずの友情よりも、
仕事を優先してきた一匹狼

やけっぱちの崖っぷちで、一人の女性と知り合って自らの生き方を見直したんです。

シンデレラ物語というよりは、男の成長物語でもありますなぁ

p7.jpg

実は純粋なビビアン
カラを脱ぐたびに・・・ どんだけ脱皮すんねん

      ホントに美しい ジュリア・ロバーツ

エドワードのビビアンを見るあの眼差しはホントに柔らかい。

p1.jpg

そうそう! 支配人の心遣いも高級で上品でした。
見る目がある人の、値踏みですからそれは上等なビビアンだったわけです。
p5.jpg

ホテルにはじめて登場するシーンから、だんだんと磨かれていく過程を見守もる周りの人々の目も優しく描かれていまして、知的であることの本当の意味がヒシヒシと感じられました。

オペラ鑑賞の意義p2.jpg

ポロの競技

こういう風にして、真のセレブは育つのか~と思うくらい、別世界
p.jpg


現代版マイフェアレディーp8.jpg


リチャード・ギア様
「みんなに『プリティ・ウーマン』について聞かれるけど、もう忘れてしまってるよ。あれはくだらないロマンチック・コメディーだった」

と、あるインタビューに答えているそうで、あまりにも聞かれすぎたんじゃないのかな。

  それにしても、残念なことですです。









スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR