スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・ファイター

F4.jpg


天才ボクサーと言われた兄、一度も勝てない三流ボクサーの弟。
原題: The Fighter
2010年 アメリカの作品

1990年代前半、マサチューセッツ州の小さな街、ローウェルでの話・・・

実在の兄弟のお話です。兄ディッキー・エクランド役を演じたクリスチャン・ベイルがすごい。

ベイルが演じたのは、ドン底に堕ちた天才ボクサー、ディッキー・エクランド。才能はあるのに誘惑に弱い。弟のことは心から大切に思っているのに、社会的信頼を得ることができないくらい、堕ちてしまいました。弟との溝は徐々に深まっています。


映画完成後に本物のディッキーにどうだったと聞いたらFワード連発で『お前はマジで最高だ!』と大絶賛だったそうです。F2.jpg


映画の一番最後に2人並んで話すシーンが入っているんですが、その時分かりました。
    話し方がそっくり!!

当時、ディッキーは弟を勝たせたい気持ちは誰よりもあったにもかかわらず、ドラッグと女に浸りっぱなしで、何をしてどの警官たちに捕まったか話しだしたキリがないくらいものすごくとんでもない人だったけれど、今は更生して、床屋のおじいさんも、ギャングでさえ笑顔で迎え、街を歩けば窓を開けて声をかける人や、すれ違う人も笑顔で、人気者だそうです。

ベイルは第83回アカデミー賞で助演男優賞を取りました。

この方、2004年「マシニスト」2005年「バットマンビギンズ」と超・真逆な人物を続けて撮ったんですね。
ちょっとあっちの世界に行っちゃってる感あり・・・

cb.jpg ⇒    147352805.jpg

とにかくすごい人です。

物語・・
ディッキーはボクシングを引退して、現在は母親の再婚によって兄弟になったミッキーのトレーナーです。

さて、弟

ミッキー・ウォード(マーク・ウォールバーグ)は、世界ランキングが手に届く~~

ようなボクサーじゃありません。
が、地元ではちょっとしたスターでした。

F11.jpg


地元では人気でしたが、伸び悩んでいます。
           F5.jpg

チャーリーン(エイミー)はウェイトレス。彼女はミッキーに「あんたなんか強いボクサーのかませ犬(stepping stone)でしょ?」グサッと言いますが こういうところに惚れ込んで人生に大きく関わることになります。F10.jpg

F8.jpg


それから、おっかさん!

F7.jpg

アリス(メリッサ・レオ)は興行師として、対戦相手を探しますが、一番魅力なのはお金。ミッキーが伸び悩んでいるのを良いことに、将来世界チャンピオンになりそうな相手と戦わせ、そのファイトマネーに魅力を感じている次第。


まぁ、なんだかんだ ドえらいこともあって・・・

これは、スポーツドラマじゃありません。ひとつの家庭がいかに変わり、ここまで来たかというホームドラマです。

あまりにもクリスチャン・ベールの演技がすごくてF6.jpg


F_20130616143211.jpg
ミッキーの演技が霞んでしまいました。


どっちが主演なんだか・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。