スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2 地球が静止する日

地球が静止する日 (キアヌ・リーブス 主演) [DVD]地球が静止する日 


この3日間が本当の正月休みのような気がして、スケールのでかそうなこれを観てきました。


   ... ん~ テーマは地球環境を根本から考え直すというもので、よかったんですが、なんだか浅い感じがします。


原題はThe Day the Earth Stood Still


1951年の「地球静止する日」のリメイクです。


のどこが違うって、やっぱりキアヌ・リーブスとウイル・スミスの息子が出てるっていう点でしょうナァ。


ひとつね、アメリカでは地球規模の異変が判明した時、あんな風に道路も即封鎖して、FBIが個人を保護して研究所へ連れて行くモンなんでしょうか。


やっぱり、映画だからかな?


異国のことは、映画が窓口に思えてしまって、国家レベルってすごいナァと思ってしまいます。


あり得る!と思うから、田舎もんだねぇ、私。


         □■□■□■□■□


もしも、地球が壊れたら、人間は死ぬ。


しかし人間が死んだら、地球が生きることが出来る。


 ふ~ん.... 


      え”ぇぇぇ~~~


何いってるかわからん そのうちに、意味が解って来る。


それって、とんでもないこと言ってるんじゃない!?


人間は地球を壊そうとしている。 が、知恵ある人間は、変わっていくことが出来る。


そういう善的希望が根底にあります。それを、もっと明確に深く描かれていると、感動が大きかったと思うんですよ。


自己犠牲だけじゃ、次がない。


壊しっぱなしの宇宙人てのも、後味がすっきりしない。


あ~  マトリックスぅ~  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。