1 善き人のためのソナタ

善き人のためのソナタ スタンダード・エディション [DVD]善き人のためのソナタ 


2006年の作品


原題: DAS LEBEN DER ANDEREN / THE LIVES OF OTHERS


2007年アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品


東ドイツ、国家保安省のエージェント、ヴィースラーが主人公で、当時の東ドイツにおける監視社会が描かれています。


原題は訳すと「他人の生活」かな...そう、命令でね、注目すべき人物劇作家のドライマンを監視することになったんですよ。ちょっとの隙を狙って一気に隠しマイクを数箇所に仕掛けるところは、すごいね。


鍵だって、今のように精密ではないからピッキングで開いてしまうんでしょうが、すごい。


そのエージェントが隠しマイクを通してきいたベートーベンのピアノソナタ「熱情」 


この曲を本気で聴いた者は、悪人になれないと語りながらピアノを弾くドライマン


このドライマンと恋人のクリスタの生き方にすでに惹かれていたヴィースラーは本気で聞いてしまうんです。本気で効いて心揺さぶられて、善き人になってしまったんですね。


それにしても、いつの世も女(母親ではなく女)の決意は何ともあやふやで弱いものなんだナァと思ってしまいました。


「いや、あんた、その当時の東の恐ろしさを知らないからよ」と言われるでしょうが、開けてはいけないといわれたパンドラの箱を開けた血は世界中の女性に飛んでいるんじゃないかと哀しくなります。


「包みますか?」


「いやいい。これは私について書かれた本だから」


このラスト...いいな。 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR