50 ワールド・オブ・ライズ

ちょっとお借りしましたワールド・オブ・ライズ 



駆け引きっていうんでしょうか...


スパイ物ですから、まぁ嘘っちゃぁ、嘘ですけどね。


無人偵察機を使って、1万2000mの上空から街の中や大勢の人々の中から1人を探し出せるアメリカの軍テクノロジーはすごいですね。


まさか、借りてる訳はないし、一般的に使えるわけでもないからリドリー・スコットさんは似た映像を再現したんですね。


しかしです。すんごいハイテクナ器械をくらまして逃げるテロリスト達も知恵もすごい。


ラッセル・クロウさんは20kgも増量したんですって!役者は辛いね。


椅子に座って指示を出すだけのCIA のとっつぁんにぴったり。いたってアメリカ的な人間像を出していました。


ディカプリオくんも現地工作員としてはどうかなと思いましたが、見ているうちに打ってつけの役になってくるんですよ。


やはり、上手いんだね!


拷問されるシーンの撮影後は3日は具合が悪かったって、パンフレットに書いてありました。


いやぁ...ひどい...まったく、あの世界って、ひどい。


アラブのハニを演じたマーク・ストロング。 


「うそは嫌いだ」を貫くアラブの男   クールではまり役でした。


嘘の裏の裏で...ん?で、どうなってんの?と...


お~ そゆことか!


その痛快感はあるけれど、年末のエンターティメントとしては、他でもよかったかなと思うな。


重い映画でした。


 


最後のどんでん返しは、好きだけど...

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR