スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

32 世界最速のインディアン

世界最速のインディアン


2005年の作品


実在の人物バート・マンローをモデルにした映画
ビデオショップで探したけれど見つからなくて、受付で聞きました。


そしたら高満足度作品のコーナーにあったんですよ。


英会話の先生が「スンゴク オモシロカタ」ってお薦めだったから知ったこの作品。


1967年に68歳で1000cc以下の部門で世界最速記録を達成した伝説のライダー だそうだ。


人なつっこい暖かな、誇り高き男。


アンソニー・ホプキンスぴったり。


型破りだけれど、愛される。


時代もよかったのかもしれないけれど、にじみ出る人柄が大器晩成を実現させたんだろうと、幸せになります。


ニュージーランドからアメリカへ ロサンジェルスといえばハリウッド


ハリウッドといえばサンセット通り...この辺が、面白い。


68年という年月が、人のハートを見抜く目も育てて、信頼して感謝する人物の勝利。


引き寄せの法則っていうの?  あれだね。


        ゜゚*☆*☆*゚ ゜゚*☆


知恵があれば、何とでもなる。なんせ25年、マシーンのことばかり考えて夢を追い続けてきたんだから。


10代の若者がそのまんま68歳になったようなものだけど、なにかあっても、若造のように反発したりしない。


長年の知恵もこの時とばかりにわいて出る。目標は一つ!


ボンヌヴィルの塩平原へ行って、ボロ愛車のインデアンで地上最高速の記録を破るんだぁ!


サー・アンソニー・ホプキンス 


とても、脳みそを食った奇人を演じたとは思えない、おっちゃん加減がいいね。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。