スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17 ジョーブラックをよろしく

ジョー・ブラックをよろしく


原題はMeet Joe Black


「ジョー・ブラックに会って」どうなっちゃったかって話


 


 


1998年の作品ですか...10年前ね。


いやはや、ブラッド・ピッドは美しい。


181分の作品ですから、テレビ東京も2時間に収められなかったんですね、2日連続放送でした。


公開されてから、なんでこの映画がこんなに長いかということが話題になっていましたが、たった数日の話に180分かけることは、異次元の話であることを実感させたい理由の一つなのかもしれません。


あちらの世界から来た者にとって、この世の時間は、あって無いもの。


死神の、無表情で人であることにギゴチ無い時点からだんだんと、人は愛を持つものであると知るようになる、その変化表現が上手い。


それを長いショットで撮るからなんですよね。


死にも、生にも愛があると気付く辺りが、単純なファンタジーで終らないところだと思うな。


        ☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


スーザン(クレア・フォーラニ)と愛し合って、こういうことが初めてっていうな感じね、素敵だったわと言われて、小さく thank you と言うシーンが好き。単純な欲望じゃなくて、人間しか持たない愛情というものを実感した瞬間だと思う。


脚本もアンソニー・ホプキンスが父親役を演ずることを前提に書いたかなと思うくらいです。


       なぜ、私に言う。 


       それはかつて死神には無かった、


         良心の呵責がそうさせるんだろ。


カッコイイね。アンソニー・ホプキンス


ジョーが花火を見て涙ぐむシーン。


石橋を歩いていくシーン。


あの10分くらいは繰り返し見たいシーンです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

やのすけ

Author:やのすけ
やのすけ映画館へようこそ!

休みがちですが、気長にお付き合いくださいませ

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。